コラム

column

CMSとWordPressについて

コラム

2017/5/9

こんにちは。
CMSやWordPressってよく聞く単語ですよね。
最近だとCMSイコールWordPressと認識している人も多いのではないでしょうか。

今回は改めてCMSとは何なのか、
WordPressのほかにCMSって何があるのか、
WordPressはなぜ人気なのかを解説していきたいと思います。

まずはCMS(コンテンツマネジメントシステム)とは、
Webサイトを管理・更新できるシステムです。
CMSを導入していないと新着情報の更新、写真の差し替えなど行う際は
HTMLなど専門の知識が必要で、知識がないと大変な作業です。
CMSを導入することで、ブログ感覚で新着情報の更新、写真の差し替えが
簡単に行うことができます。

主にできる機能はCMSによって差はありますが、基本は下記の通りです。
・テキストの変更
取扱商品の説明の追加や、変更を簡単に行うことができます。
新着情報やブログなども簡単に投稿することができます。

・写真の変更、サイズ変更
写真の差し替えが簡単に変更することができます。
画像のサイズが大きすぎると、ページスピードが
遅くなる要因にもなるので、気が付いたときに変更が可能です。

・デザインの変更が簡単
テンプレートでデザインを選択できるため、専門的な知識がなくても
イメージに近いデザインでつくることができます。

・更新者の権限を設定することができるので、複数の担当者で更新が可能
誰がどの記事を投稿できるのか、権限を与えることが出来ます。
だから管理がしやすく確認もスムーズに行うことができます。

SEO対策にも有利となりやすいCMS。
検索順位を決めるグーグルサイトの評価がコンテンツの質と量を
1つの評価基準として定めています。
コンテンツがサイトの内容に沿っているか、信憑性、オリジナル性など
様々な評価基準があります。
新着情報や、コラム、ブログをサイト内に作り
定期的に更新することで、サイト評価にもつながります。

【CMSの種類について】
CMSといえばワードプレスが主流ですが、ほかにもCMSはあります。
無料つかえるCMSについてご紹介をしていきたいと思います。

・Drupal7
日本よりも海外で使用されていることが多く、NASAやホワイトハウスのサイトで使用されています。
特徴は必要によって機能を柔軟に追加することができます。
デザインの自由度も高いです。
ただし、開発費用が高いことがあげられます。

・Joomla!2.5
こちらも日本よりも海外での利用者が多いです。
特徴は管理画面がほかのCMSに比べてとてもわかりやすくなっています。
管理画面でも多言語に対応しているので、日本人にとっても使いやすいです。
ただし、公式日本サポートサイトがないので注意が必要です。

・Joomla!3.0
Joomla!2.5の機能はそのままに、モバイル対応しており、
各端末でサイトの管理が可能となっております。
こちらも、公式日本サポートがないので注意が必要です。

・Xoops Cube Legacy
コミュニティサイト構築に必要な機能がそろっているのが魅力です。
ユーザー参加型のサイトを制作する際に便利です。
特徴は単体では基本の機能しかないため、
拡張機能を使って機能を追加する必要があります。
日本語でのサポート情報も充実しています。

・WordPress
日本で最も使われています。
特徴は簡単に更新やデザインの変更が可能です。
多様なプラグインで必要な機能を追加することができます。
日本、海外ともに利用者が多いため
業者を変更した際も引き続きサイトを使用することがしやすいです。
ただ公式サポートがないことがあげられます。

ではなぜWordPressが日本、世界で多くの支持を集めているのか、
解説していきたいと思います。

まずはオープンソースなので無料という点は前提として
オウンドメディア運営に向いていることがあげられます。
アメブロなどは、アメブロが運営しているところに記事を載せているだけなので
極端な話、アメブロがなくなったら記事も消えてしまします。
ブログ形式は変わらずに、オウンドメディアを作ることができます。

オウンドメディアを作るにあたって気になるデザインについても
テーマ、デザインも豊富で、簡単に設定ができます。
また専門の人が作れば、より自由度の高いサイトが作れるのも大きな魅力です。
トップページはオリジナルのデザインで見ている人を引き付けて
下層ページはテンプレートを使ってといったかたちで構成することもできます。
だからブランディングや、戦略、目的に対して最適なサイト構築をすることもできるのです。

売り上げを上げたい、イメージ戦略を行っていきたいといった
サイトを作る上で目的とするところは各々違うと思います。
その目的を達成するために必要な機能のプラグインが豊富なことも
サイト作成においては大きなメリットです。
ECサイトにはカート機能、お問い合わせフォームなど
必要なものが簡単に入手できるのが魅力の一つでもあります。

サイトをつくるにあたって、利用者が多いためその分情報も多いです。
サポートセンターがなくても、ネットで調べれば解決できることも多いです。
また、サイト制作会社もWordPressでの制作だったら業者を変更する際も
スムーズかと思います。

サイトは作って終わりではなく、作ってからが重要です。
なので、ブランディング、ECサイトの売り上げ増加なども
ニーズにあった仕様に変化させ、検索順位を上げるための努力をしていかなければなりません。

CONTACT

電話でのお問い合わせ

03-6276-1770

10:00~19:00(平日)

メールでのお問い合わせ

メールフォーム >

資料請求

資料を請求する >

無料サイト診断

無料診断をする >