コラム

column

採用活動における採用サイトの必要性

ウェブ

2017/1/16

現在、企業にコーポレートサイトがあるのが当たり前のように、採用活動において、採用サイトが使われるのが当たり前になりつつあります。しかしながら、まだ採用サイトの制作に取り組んでいない企業は中小企業中心に少なくありません。

採用活動における必須ツールとまでいわれている採用サイトはなぜ必要なのでしょうか。

求職者の方々は企業のホームページをほぼ確実に見ます。そして、採用情報が載った採用サイトを必ず見ます。もし採用サイトが無ければコーポレートサイトを見るしかありません。しかしながら、このコーポレートサイトは求職者向けに発している情報でありません。取引先や、見込み客向けの情報なのです。そのため、企業が求職者に伝えたい魅力や特徴がほとんど伝わりません。そこで生まれるミスマッチから、応募数が少なかったり、企業が求めている人材を採用することが難しくなったりします。また仕事内容のイメージが出来ず、入社後そのギャップを埋めきれずに早期退職なんてことも珍しくありません。

コーポレートサイトとは別に、採用サイトを活用することで、求職者が企業を身近に感じ、入社後のイメージを持てるように、コーポレートサイトとは違うコンセプトでアプローチする必要があります。それにより企業に合った人材をより多く採用でき、応募数が倍化したり、離職率の大幅な低下に繋がるのです。

求職者目線で情報を発信出来る。他社と差別化しオリジナリティを出すことが出来る。それが採用サイトの一番の特徴であり、重要な点なのではないでしょうか。

CONTACT

電話でのお問い合わせ

03-6276-1770

10:00~19:00(平日)

メールでのお問い合わせ

メールフォーム >

資料請求

資料を請求する >

無料サイト診断

無料診断をする >